プロフィール

石原修三
血液型 A型
二男一女の5人家族

昭和25年12月15日 兵庫県宍粟郡山崎町生まれ

         (現 宍粟市)
          四男一女の農家の三男として育つ
          中学3年の頃に農家になる事を

          断念、

          D・カーネギーの著書『人を動かす』
          『道は開ける』にであい心機一転、

          建設業に希望を抱く

昭和44年 3月   兵庫県立龍野実業高校 土木科 卒業
         18歳まで過ごした郷里を後に単身就職地である明石市東人丸へ

 

昭和44年 3月   関西建設工業株式会社 土木部 入社
         現場、現場監督、営業と様々な業務を経験させて頂いた

 

昭和48年 4月   関西建設工業株式会社 土木部 退社

 

昭和48年 5月   石原外柵工事 創業
         4年間学んだ経験をもとに夢に燃え神戸市西区櫨谷町松本で創業

昭和57年11月   法人設立 有限会社石原建設 代表取締役就任

 

平成 2年     株式会社泰慶に社名変更

 

平成 7年 6月   株式会社泰慶 代表取締役辞任、同 顧問就任
                    兵庫県議会議員選挙に出馬する事を決心

 

平成 7年 6月11日 兵庫県議会議員選挙で初当選、以来5期連続当選

 

平成18年 6月12日 兵庫県議会副議長 就任
          兵庫県で50年ぶりの国体が開催され兵庫県各地で様々な

          競技が行われた

 

平成19年 6月10日 兵庫県議会副議長 退任

 

平成21年 8月   第45回衆議院議員選挙にて兵庫4区より出馬、県議を自動失職。

         落選。

 

平成23年 4月10日 統一地方選挙にて県議に再出馬、当選。現在に至る。

更新情報!